企画展

 
 

次回の企画展示


Gallery F 2018
コレクション再発見
会期:2018年2月3日(土)~3月4日(日)

「Gallery F コレクション再発見」とは・・・
 小さな展覧会を「Gallery F」と名付けました。
 福島県立美術館は、1984年に開館して以来、約3,800点の作品をコレクションしてきました。その中から、今まで紹介できなかった作品や新収蔵品を取り上げたり、テーマを絞って掘り下げたり、小さいからこそチャレンジし、コレクションの多様な魅力をご紹介しようという企画です。
 昨年から始まったこの企画は、今年度3つのGallery Fをオープンいたします。

○生誕110年  渡部菊二展
 渡部菊二(1907-47)は、福島県会津若松市に生まれ、主に戦前期に活躍した水彩画家です。1940年に春日部たすく(1903-85)らとともに水彩連盟を結成。明快な色彩と斬新な構図で新しい水彩画の方向を模索しました。また、持ち前の繊細な線描と優れたデザイン感覚で本の装幀や挿絵も手がけています。
 本展では生誕110年を記念し、当館所蔵の水彩画20点を中心に、近年新たに発見された挿絵原画などをご紹介し、菊二の画業を振り返ります。
  渡部菊二《夏の子》1943年 紙・水彩

小川千甕と門間春雄 -福島の文芸と美術-
 小川千甕(1882-1971、京都市生まれ)は福島県にゆかりの深い画家です。福島市瀬上のアララギ派歌人・門間春雄(1889-1919)や、会津若松、喜多方の文芸愛好家たちが、千甕たち画家を支援し、当地から多くの作品が生まれました。
 本展では、新規に寄贈された小川千甕の水彩・日本画作品、新規寄託となった門間春雄関係の書簡、「喜多方美術倶楽部」関係資料等によって、大正時代の福島を舞台にした、文芸と美術のネットワークをご紹介します。
  小川千甕《門間春雄訪問記》1917年 紙本淡彩 寄託作品

実践  福島県立美術館アートカード
 「アートカード」は、当館所蔵作品の画像をカード形式にした鑑賞用補助教材です。アートカードの様々な遊びを通して、多くの子ども達が美術作品に関心を深めていくことを目的とし、2017年度から教育機関への貸出をはじめました。
 本展では、このアートカードを使って、桜の聖母学院小学校5年生の児童たちと小さな展覧会を開催します。あわせて、子ども達がテーマを元に作品を選び、展覧会が完成していくまでの授業風景などをパネルで紹介いたします。
  福島県立美術アートカード

観覧料:無料
休館日:月曜日(2月12日を除く)、2月13日(火)

関連事業:
スペシャル・ギャラリートーク「渡部菊二と水彩」
 2月3日(土) 14時〜15時
 講師:後藤學氏(喜多方市美術館館長)
担当学芸員によるギャラリートーク
 ①2月10日(土) 14時〜15時 「小川千甕と門間春雄」
 ②2月24日(土) 14時〜15時 「渡部菊二」
桜の聖母小学生によるギャラリートーク
 2月17日(土) 10時30分~
*いずれも、企画展示室入口にお集まりください。
 
 











福島県立美術館
Fukushima Prefectural Museum of Art


〒960-8003
福島市森合字西養山1番地
Tel.024-531-5511
Fax.024-531-0447
 

検索

開館スケジュール




=休館日