企画展

 
 

ただいま開催中の企画展示


生誕110年・没後20年記念
斎藤清からのメッセージ
会期:2017年10月7日(土)~12月10日(日)

  《凝視(猫)》1948年 (c)Hisako Watanabe

 当館の斎藤清コレクションは、開館に際して1980年に作家本人よりその代表作をご寄贈いただいたのが始まりです。最終的には約500点にもなった作品に、斎藤はどのようなメッセージを込めたのでしょうか。
 展覧会は2部構成で、第1部では技法的特徴に触れながら、代表作でその画業を通観します。第2部では福島との関わりに着目し、特に1970年からの《会津の冬》シリーズ全点を展示します。
 多彩で魅力あふれる斎藤清芸術をご堪能ください。

主催:福島県立美術館
  共催:斎藤清画伯顕彰協議会
  特別協力:福島民報社、福島民友新聞社、福島テレビ
  後援:福島市、朝日新聞福島総局、毎日新聞福島支局、読売新聞東京本社福島支局、産経新聞福島支局、河北新報社、時事通信社福島支局、共同通信社福島支局、NHK福島放送局、ラジオ福島、福島中央テレビ、福島放送、テレビユー福島、ふくしまFM
  協力:やないづ町立斎藤清美術館
  助成:公益財団法人 花王 芸術・科学財団

観覧料:
 個人 
 団体(20名以上)
 一般・大学生1,000 
 800
 高校生600
 500
小・中学生 
400 300
 *ふくしま教育週間(11月1〜7日、ただし6日は休館)は高校生以下無料となります。

休館日:月曜日(10月9日を除く)、10月10日(火)、11月24日(金)

関連事業:
講演会「斎藤清の芸術―その国際的評価をめぐって」
 日時:10月29日(日) 14時~15時30分
 講師:桑原規子氏(聖徳大学文学部教授)
 会場:美術館講堂 *聴講無料

講演会「斎藤清の創造力と美」
 日時:11月23日(木・祝) 14時~15時30分
 講師:早川博明(当館館長)
 会場:美術館講堂 *聴講無料

ギャラリートーク
 日時:11月4日(土)、12月2日(土) いずれも14時~15時
 *企画展チケットをご購入の上、展示室入口にお集まりください。

触って、話して、見て楽しむ美術鑑賞ワークショップ「斎藤清の《会津の冬》を楽しもう」
 日時:11月3日(金・祝) 10時30分~12時、14時~15時30分
 講師:真下弥生氏(ルーテル学院大学非常勤講師)、半田こづえ氏(明治学院大学非常勤講師)
 会場:美術館講義室、企画展示室
 対象:各回中学生以上の視覚障がい者5名、晴眼者5名程度 *参加無料
 内容:斎藤清の代表的なシリーズ《会津の冬》の中からいくつかの作品を取り上げ、視覚障がい者の方と晴眼者の方と一緒に触図等を使いながら作品を鑑賞します。
 申込締切:10月20日(金)
 協力:福島県点字図書館、福島県立美術館協力会

このほか関連ワークショップを開催します。詳細はこちらをご覧ください。
 

次回の企画展示


Gallery F 2018
コレクション再発見
会期:2018年2月3日(土)~3月4日(日)

  渡部菊二《夏の子》1943年 紙・水彩

 小さな展覧会を複数同時開催する企画です。昨年度に引き続き、テーマを絞ってコレクションをご紹介します。
 鑑賞補助教材「アートカード」は4月から県内の各学校への貸出が開始されました。それを使って取り組まれた子どもたちによるコレクション展は、昨年度好評をいただきましたが今年も開催します。
 また新収蔵・寄託の小川千甕と門馬春雄関係資料、生誕100年を迎える会津の水彩画家・渡部菊二の画業などをご紹介します。
 
 











福島県立美術館
Fukushima Prefectural Museum of Art


〒960-8003
福島市森合字西養山1番地
Tel.024-531-5511
Fax.024-531-0447
 

検索

開館スケジュール




=休館日